株式会社マーケット・リスク・アドバイザリーへのよくある質問はこちらから。

よくあるご質問

質問一覧

サービス全般のご質問

価格リスク分析サービスに関するご質問

最適調達・ヘッジ戦略構築サービスに関するご質問

価格リスクコンサルティング/サービスに関するご質問

その他のご質問

質問と回答

サービス全般のご質問

q 各サービスの利用方法を教えてください。
a 価格リスク分析サービスはサービス紹介ページから、その他のサービスはお問い合わせフォームよりお申し込み下さい。詳しくは、「導入フロー」のページをご覧ください。

質問一覧へ戻る▲

q 北海道や沖縄など遠方からの利用は可能ですか?
a 可能です。最適調達・ヘッジ戦略構築サービス、価格リスク分析サービス等のオンラインで提供可能なサービスは問題なくご利用いただけます。価格リスクコンシェルジュ、価格リスクコンサルティング/サービスについては、訪問場所、担当者の訪問頻度等により別途交通費を請求させていただくケースがございます。

質問一覧へ戻る▲

価格リスク分析サービスに関するご質問

q 毎発行日ごとに価格リスク分析レポートを送って頂きたいのですが?
a 定期購入も可能です。定期購入頂ければ、毎回の発行毎のお申し込みの手間が省けます。最新レポート発行と同時にお届け致します。

質問一覧へ戻る▲

q 変動範囲の算出に用いている特許技術について教えてください。
a 本特許技術は、将来の市場価格の変動範囲(上限〜下限)を、「価格変動モデル(複数)」と「過去の市場価格データ」の2つの要素によって算出する技術になります。同様な手法による価格予測は従前より行われてきましたが、従前の手法と本特許の決定的な違いは、ある市場価格XについてT期間先の価格予測をする場合、「どの価格変動モデルによって」、「どれくらいの期間の過去データ」を用いるべきなのかということを、過去の実績により明快に恣意性なく決定できる仕組みにございます。例えると、ドル円の為替価格の6ヵ月先の価格予測とエネルギーのWTI価格の6ヵ月先の価格予測をする場合、「同じ価格変動モデル」で、「同じ期間の過去データ」で価格予測をするべきでしょうか?答えは当然NOです。市場の仕組みも違えば、参加者も異なる為、その市場固有の「くせ(どのモデルによる予測が良いか?/どれくらいの期間の過去データで予測することが良いか?)」は当然異なってきます。その市場固有の「くせ」を明快にあぶり出す技術が本特許技術になります。なお、弊社の承諾なしに、本特許技術を使用すること、もしくは本特許技術の範囲に入る手法もしくはそれに類似する手法で、将来の価格の変動範囲を算出し、販売・使用する行為は、特許侵害となりますので、くれぐれもご注意ください。

質問一覧へ戻る▲

q 各変動範囲に収まる可能性を教えてください。
a 平常変動範囲:過去3年間の平均で約80%〜(6ヵ月間の営業日ベース) 非常変動範囲:過去3年間の最低で約95%〜(6ヵ月間の営業日ベース) 最大変動範囲:過去10年間の最低で約95%〜(6ヵ月間の営業日ベース) 上記はいずれも統計的に推定される信頼区間という概念とは異なる、本手法を用いて価格予測を実施した「過去の実績ベース」の数字になります。また、市場の変動の多寡によっては、上記の変動範囲を超えるケースもございます。その点はご了承ください。

質問一覧へ戻る▲

q 円建の商品価格がカテゴリー兇紡阿靴討い泙垢、そのリスクの算出方法を教えて下さい。
a 通常、事業計画等の作成では、ドル建ての調達価格にドル円等の想定為替レートを単純に掛け合わせて、円建調達価格を算出します。同様な手法で、円建ての商品価格のリスクを算出することは適当でしょうか? 一つの例として、仮にドル建ての商品価格が20%値上がりする(1.2倍になる)と見込まれ、ドル円の為替レートが20%円安に動く(1.2倍になる)場合を想定するとします。円建の商品価格は、ドル建て商品価格のリスク(1.2倍)とドル円の変動リスク(1.2倍)を単純に掛け合わせた1.44倍と考えるべきでしょうか? 答えはNOです。これは、リスク量を過大評価してしまう可能性があり適切ではありません。残念ながら、実際の円建商品価格のリスクの算出はそれほど単純ではありません。ドル建ての商品価格が現状の1.2倍値上がりしたタイミングで、ドル円の為替レートも20%円安に動けば正しいですが、必ずしもそうはならないからです。実は、この円建商品価格のリスクをより正確に算出する為には、ドル建ての商品価格の値動きとドル円の為替レートの値動きの関連性を考慮する必要がございます。(コリレーションリスクと呼びます)。本サービスの円建て商品価格の価格リスク分析においては、すべてこのコリレーションリスクを考慮した変動範囲(リスク)の算出となります。よって、円建て商品価格は算出に一手間加える必要があり、カテゴリー兇砲討環鷆,気擦督困い討ります。

質問一覧へ戻る▲

最適調達・ヘッジ戦略構築サービスに関するご質問

q 前倒し調達数量やヘッジ数量を算出する特許技術を教えてください。
a 本特許技術は、「計画予算の達成」と、「調達費用の低減」を同時に追求する特許技術になります。具体的には、将来の計画予算を実現する為の「必要最低限の前倒し調達量/ヘッジ量」を、弊社のもう一つの特許技術「価格リスク予測技術」と組み合わせることにより算出するプログラムになります。なお、弊社の承諾なしに、本特許技術を使用すること、もしくは本特許技術の範囲に入る手法もしくはそれに類似する手法で、前倒し調達数量やヘッジ数量を算出し、販売・使用する行為は、特許侵害となりますので、くれぐれもご注意ください。

質問一覧へ戻る▲

価格リスクコンサルティング/サービスに関するご質問

q 価格リスクコンサルティング/サービスにおいて、どの時点からコンサルティング/サービス・フィーが発生するのですか?
a コンサルティング/サービスのご相談をいただき、1、2回の打ち合わせや、ご提案をさせていただいている段階では、コンサルティング/サービス・フィーはかかりません。コンサルティング/サービスのご依頼をいただき、ご契約が成立した時点からフィーが発生いたします。なお、予備診断や関係者へのインタビューを正式に行うご提案については、企画段階でもフィーが発生するケースがございます。

質問一覧へ戻る▲

q コンサルティング/サービスの期間は、どのくらいですか?
a お客様が抱えている「悩み/ニーズ/願い」によって異なります。短期のものですと2週間前後の場合もありますが、長期のものですと、半年〜1年といったプロジェクトもございます。プロジェクト期間やプロジェクト開始時期等、極力、お客様のご要望に沿う形でご提案させていただきます。

質問一覧へ戻る▲

q 価格リスクに関する社内プロジェクトやある特定の課題における調査等、個別の案件にも対応していただけますか?
a もちろん可能です。経営者の視点に立った価格リスクマネジメント戦略の立案から個別のプロジェクトや調査まで、幅広く対応可能です。お気軽にご相談ください。

質問一覧へ戻る▲

q 御社のコンサルティングサービスを利用されている企業を知りたいのですが。
a 弊社のコンサルティングサービスは、価格リスクヘッジ戦略という経営のトップマターになっております。企業におけるトップシークレットといい換えてもよいかもしれません。その性質上、価格リスクヘッジ戦略に注力しているという事実が公表された場合、弊社クライアント様の対仕入先、対お客様(クライアント様のお客様)の条件交渉への影響や対競合上における影響も懸念されます。そのような理由から、原則として弊社クライアント様の実名公表は控えさせていただいております。一方で弊社クライアント様の中には、先進的な価格リスクマネジメントに取り組んでいることを、一つのPR材料として捉えている会社様もいらっしゃいます。そのような会社様については、積極的に弊社HP内でご紹介し、PRのお手伝いをさせていただきたいと考えております。
実際に取り組まれている概要を、お伝えできるギリギリの範囲でまとめた内容が、MRA会員サービスにおける「価格リスク解決事例集」になります。会員登録の上、是非ご参考いただければと思います。会員登録はこちらから可能です。

質問一覧へ戻る▲

q MRAのコンサルティングサービスと他のコンサルティングファームとの違いを教えてください。
a ポイントは、その解決策が本当にお客様の「悩み/ニーズ/願い」を解決できるかだと思います。解決策は一つではありません。弊社は、本当にお客様のお役に立つ解決策は、「解決策に用いるツールを知り尽くし、使いこなした人間でなければ生み出せない」と考えております。解決策立案に不可欠な「企業経営の専門性」「(商品)市場への専門性」「解決ツールの専門性」の3つを兼ね備えた弊社だからこそ、本当にお客様のお役に立つ解決策を立案できると自負しております。

質問一覧へ戻る▲

その他のご質問

q MRA会員サービスは有料ですか?
a MRA会員サービスは無料のサービスです。但し、会員登録には一定条件がございます。条件をクリアされているお客様であればどなたでも会員登録可能です。

質問一覧へ戻る▲

q 「価格リスク」と「価格変動リスク」「マーケットリスク」「市場リスク」の違いを教えてください。
a 基本的に「価格リスク」≒「価格変動リスク」≒「マーケットリスク」≒「市場リスク」と考えて宜しいかと思います。その使い分けについては、使い手の感覚に委ねられているというのが現状ではないでしょうか。一般的に「価格変動リスク」「マーケットリスク」「市場リスク」は金融商品のリスクを語る時に用いられる機会が多く、マーケットで取り引きされる価格が変動することにより、投資した金融商品の価値や収益が変化するリスクを指す場合が多いように感じます。弊社が用いている「価格リスク」という言葉に込めている意味合いは、金融機関を除く一般事業法人が通常のビジネスにおいて、市場環境や市況(商品相場)が変動することにより損益や評価額に影響を与えるリスクです。具体的には、費用項目であれば原材料価格や仕入価格の変動、売上項目であれば販売価格の変動、評価項目であれば在庫評価の変動等を総称して、「価格リスク」と呼んでおります。

質問一覧へ戻る▲

q 会計処理の仕方で価格リスクマネジメントの議論が止まるのですが…。
a 会計処理は価格リスクマネジメントを行っていく上で、重要な論点の一つであると認識しております。弊社は、過去の取り組み案件によって蓄積された一通りの会計処理に関するノウハウを持ち合わせておりますが、価格リスクマネジメントの導入形態はお客様によって異なります。弊社では、価格リスクマネジメントに精通した会計士・税理士事務所と提携しており、お客様のご要望に応じて、お客様個別の状況に対応したアドバイスをご提供させていただくことが可能です。最終的な会計処理の判断は、お客様の顧問会計士様、税理士様との間での議論になりますが、論点整理や問題点の洗い出しのパートナーとして弊社をご利用ください。
Page Up