最適調達・ヘッジ戦略構築サービスは、最適なヘッジ比率を算出し、ヘッジ戦略を構築するサービスです。

MRAのサービス 最適調達・ヘッジ戦略構築サービス

原材料コスト/燃料コストの安定化や計画予算の達成を目的とした戦略構築サービスです。

価格の「上昇/変動」に伴うお客様の経営課題と本サービス導入による効果

原材料価格、燃料価格、為替レートの「上昇」や「変動」懸念

原材料価格、燃料価格、為替レートの「上昇」「変動」による経営課題

お客様の取り得る行動(お悩み・不安)

MRA最適調達・ヘッジ戦略構築サービスご利用の効果

原材料コスト、 燃料コストの安定化や計画予算の達成を実現!!

  • コンセプト
  • サービス概要
  • 効果の一例
  • 導入のステップ

最適調達・ヘッジ戦略構築サービスを導入することによる効果の一例

前倒し調達やヘッジでよく耳にする失敗例

「大体こんな感じ」と計画調達量の1/3や1/2を前倒し調達(ヘッジ)…

  • 計画予算を達成できる保証はどこにもない
  • 結果として計画予算を超えることに…

「折角前倒しで調達(ヘッジ)するのなら」と、計画調達量の全量を調達(ヘッジ)

  • 相場が逆に動くと機会損失、競争力の無い調達コストに
  • 結果として前倒し調達(ヘッジ)が裏目に…

過去の相場を検証(バックテスト)することにより前倒し調達(ヘッジ)量を決定

  • 過去の相場が繰り返される保証はどこにもない
  • 結果として計画予算が達成できず…

MRA「最適調達・ヘッジロジック」を利用し、計算予算を調達する為の“必要最低限”の前倒し調達量やヘッジ数量を決定

MRA「最適調達・ヘッジロジック」は“計画予算の達成”と“調達費用の低減”の両方を同時に追及する特許技術です。

市場リスク予測装置、ヘッジ数量算出方法及びヘッジ数量算出プログラム

【特許番号】
特許第5105653号

【発明の名称】
市場リスク予測装置、ヘッジ数量算出方法及びヘッジ数量算出プログラム

※MRA「最適調達・ヘッジロジック」を利用すれば、上記のような失敗はいたしません!!

MRA「最適調達・ヘッジ戦略構築サービス」の効果

計画予算を達成するための”必要最低限”の前倒し調達量やヘッジ数量を決定 原材料価格・燃料価格が上昇しても想定していた計画予算をこえない 原材料価格/燃料価格が下落した場合でも、市場価格の下落メリットを享受可能

  • コンセプト
  • サービス概要
  • 効果の一例
  • 導入のステップ

最適調達・ヘッジ戦略構築サービス導入のポイントとステップ

「前倒し調達/ヘッジ取引」の目的

「前倒し調達/ヘッジ取引」を実施する際の検討ポイント

■ 懸念点の例

  • 販売の落ち込みで購入数量が減ったら…
  • 購入価格を確定した後、市場価格が下がったら…
  • 価格転嫁可能な販売分をどう考えれば…
  • 割増金(プレミアム)をどう考慮すれば…

■ 制約条件の例

  • 倉庫や保管場所の大きさは…まで
  • 最長…ヶ月先までしか調達先と購入価格を決定できない
  • ヘッジ取引にかけられるコストは…まで

■ リスクに対する選好の例

  • ある程度リスクをとっても、安値で購入することを追求したい…
  • あまりリスクはとらずに確実に予算を達成したい

「前倒し調達/ヘッジ取引」の目的を達成する為には、各検討ポイントを満たした「自社独自」のヘッジ戦略が必要です!

「自社独自」の調達戦略/ヘッジ戦略

前倒し調達・ヘッジ方針(メイン) 前倒し調達・ヘッジ実行に関する視点(サブ) 会計上の視点(サブ)

  • コンセプト
  • サービス概要
  • 効果の一例
  • 導入のステップ

「自社独自」の最適調達・ヘッジ戦略を構築するまでに必要な期間は、通常3〜4ヶ月になります。

  • コンセプト
  • サービス概要
  • 効果の一例
  • 導入のステップ
MRAのサービスサービス
価格リスク分析サービス最適調達・ヘッジ戦略構築サービス
価格リスクコンシェルジュ価格リスクコンサルティング
Page Up